CHIKICHIKI TOURAN
chobiwan.exblog.jp
写真と子供と音楽、たまにTouranも。ともかく興味の赴くまま。
by chobiwan
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
ブログトップ
4/24-25 キャンピングファームいなかの風(前半)
2010年 04月 27日 |
b0098910_21233516.jpg去年の夏以来ですので、ほぼ8ヶ月ぶりのキャンプですか。
本当はGW中に予約できたのですが、道中含め混むのがいやですし、ちょっと強行軍気味になりそうなので、ケモちゃんのヤマハを休んでもらって(上の娘はたまたま休み)行くことにしました。
結果的には高速も、キャンプ場もすいていて大正解でした(^ ^)
但し、久々なので準備に手惑い、夫婦喧嘩も(- -)
昼前に出発して2時には到着しました。
いつも行く設楽オートキャンプ場とあんまり変わりませんね。




b0098910_212452.jpgつくと早速子供たちは遊びに(^ ^)
場内の田んぼのおじさんに菜の花をもらって遊んでいました。
草もいい具合に生えていましたし、タンポポもそこらじゅうに。
b0098910_21242036.jpgこの日はいろいろな無料サービスがありまして、早速マウンテンバイクを借りて乗りました→場内にはコースがあります。
「五歳児にしてマウンテンバイクが乗れる」と豪語するケモ(^ ^)
b0098910_21243425.jpgブレーキに指が届かないというわりに坂道も上手に乗っていた上の子。
当然パパママも借りて乗りました。
久々のオフロード気持ちよかったです。
※本当はオフロードバイクのレンタルもあって次の日のろうかと思ったのですが、担当の人が休みのため残念ながら次回のお楽しみになりました。
b0098910_21244834.jpgコテージに帰ってから、寒さのため、テント張るのをあきらめた代わりと行ったらなんですが、この時期としては滅多にできない薪ストーブを炊きました。
まあ、やり方いろいろ聞いたのですが、なかなかうまく行きません。
何度も試行錯誤の末、編み出した方法は......当然、空調口は全開です。

・最初は煙突が人肌ぐらいに暖まるまで、新聞とたき付けの木を使って燃やす(煙の吸い出しをよくするため)
・暖まったら、新聞紙+たき付けの薄い木+薄めの薪で再度点火→勢いよく燃えてきたら中ぐらいの薪を追加していって、ストーブが思いっきり熱くなるまで薪を燃やす。
・中ぐらいの木がどんどん燃えるようになってきたら、ここで初めて太い薪を追加。半分ぐらい燃えたら次のを追加。

この辺で、空調口を絞って、ちょろちょろ燃えるように調整します。

太い薪はよく乾燥していると言われたのですが、普通ではなかなか点火しません。
ストーブ自体よく加熱してないと、太い薪はいけないみたいです。
薪の炎はやっぱり心が安らぎます。
b0098910_212524.jpg場内のお風呂も、連休中から、ということで、近くのホテルの温泉に行ってきてから、夕食です。
久々のキャンプ、ダッジオーブンを忘れるというミスをしたので、キャンプ用の鍋でロールキャベツ風トマトシチューにしました。
つまみ食いをする娘達(^ ^)
b0098910_21251496.jpgいつもならば、屋外で食事なのですが、さすがに薪ストーブがあるとなると、室内でのんびり食事することにしました。
途中で買った焼鳥串パックもストーブの上で簡単に焼けるし、するめ、マシュマロ、リンゴも焼いて食べました→もちろんアルミホイールは敷きました。
b0098910_21252753.jpg後片付けで水場に行くと、中央アルプスの山々が青く浮かび上がっていました。
星も、雲が大分取れてきて、大きい星は空に見えるようになってきました。
みんなで星の観察をしました→パパは撮影も(^ ^)
b0098910_2125402.jpg備え付けの石油ランプもいい感じです→このキャンプ場は基本的に電気ないです。
子供達には昔はこんな灯りで本を読んだりしていたんだよ、って話したりして(^ ^)
なんやかんやで10時過ぎてしまって、みんな一緒に寝ましたZzzzz
でも、薪ストーブって温度の調節が大変で、寝るとき熱かったので薪一本のみ追加
にしたら......夜中寒くて目が覚めてしまいましたが(- -)

[PR]
by chobiwan | 2010-04-27 21:47 | camp |
<< 4/24-25 キャンピングフ... ページトップ 子供と星空を見る >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
金魚2 Skin by Sun&Moon