CHIKICHIKI TOURAN
chobiwan.exblog.jp
写真と子供と音楽、たまにTouranも。ともかく興味の赴くまま。
by chobiwan
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
ブログトップ
おそうしき
2011年 03月 28日 |
b0098910_212272.jpg昨年の5月より長期療養中だった父が3月22日、亡くなりました。

脳死状態から、持って二、三日と言われた時から約一か月、医者も予想外、という感じでしたが、よく頑張ったと思います。

ただ、昨年末の肺炎の悪化→人工呼吸器がなければ、もう生きていられない状態になった時から、こういう時が来るのは覚悟をしていましたので、親父、やっと楽になれたなあ、という気持ちの方が強いです。

※なので、皆様のお悔やみの言葉は、なしにお願いしますm(_ _)m

手続きなどのバタバタが、もう少し落ち着いてから、霊前で娘に、思い出を語ろうかなあ、と思っています。

さて、喪主という当事者となった者の目から見た「おそうしき」というものについて、記録しておきたいと思います。

※持って二三日と言われてから一か月以上時間がありましたので、かなり下調べおよび準備ができていました。それでもいろいろ起きるのは、仕方がないですね。




3月22日(火)
3:00過ぎ、病院より危篤との連絡あり。
とりあえず弟だけに連絡して、4:00前にタクシーで病院到着。

4:20過ぎ、ゆっくりと心臓が停止。
弟および親戚のkeymanに連絡(事前に何かあったとき親戚への連絡をお願いしていた)。葬儀屋に連絡し、遺体の搬送の手配→22日は友引なので、仮通夜を自宅で行いたいことを伝える。昨年5月の入院後一度も自宅に帰れなかったので、せめて少しでも戻してあげたいという考えがずっとあったので。仮通夜で1日以上自宅で過ごせるのである意味よかったと思う。
同時に、人工呼吸器などの医療器具の取り外しおよび、病院による遺体の処置の立会い。死亡診断書の入手。

7:00前、葬儀屋が搬送のために病院に到着。
おふくろに付き添ってもらい、自宅へ搬送。
搬送を見送った後、お医者さんと、請求書関連の簡単な打ち合わせ。

おふくろが付き添いのため泊まっていたホテルのチェックアウト&荷物回収、タクシーで実家へ向う。

運よく、弟も震災の影響で中国からの便がキャンセル続出らしく、朝1の便を確保でき、昼過ぎには実家へ来れるとのこと。

8:00過ぎ、自分も実家到着。
最初に菩提寺に連絡。
次に親父の親しい友人関連におふくろの記憶頼りに年賀状から電話番号抽出し、電話連絡(電話番号がわからないのは年賀状の住所→104で電話番号割出)
年齢が年齢だけに、半数以上が体調不良のためご無礼申し上げます、と言われる。
たまたま、電話連絡をした中の一人の方が、親父のOB会関連の人すべてに連絡を取ってあげますと引き受けてくれたので、かなり助かった。

9:30頃、近くのコンビニに食べ物を買いに行き、おふくろとともに朝食。

10:00頃、親父の義理のお姉さんが弔問に訪れる。
同時に葬儀屋が見積もりのための打ち合わせで来宅。
通夜当日までに決めなければならないことを教えてもらい、概算金額を提示してもらう。
11:00頃、お坊さんが枕経をあげにくる。
お経後、戒名代などの交渉。

親戚も三々五々来宅。
親戚用の昼食を、近くのスーパーに購入しにいく。

13:30過ぎ、弟到着。

到着後、弟交え、葬儀屋と通夜、葬儀日程(葬儀品のグレード、通夜の食事、葬儀時の食事、初七日の食事等の手配も含む)のスケジュールを決定。
食事等は人数概算決定後連絡するということにしてもらった。

15:00過ぎ、自分の奥様&子供たち到着。
親戚一同にお供えの花および果物の選択をお願いし、奥様がのってきた車で、区役所に死亡届&火葬許可証の手続きに行く。

16:30過ぎ、区役所での手続きの帰宅後、葬儀屋に食事等の人数およびタイプを連絡。
※当日でも多少の追加削除はできる。

17:30過ぎ、自分と弟の行動用のレンタカーを借りに行く。
※実は軽自動車購入予定だったのですが、震災のせいで納車時期未定になってしまい、間に合いませんでした。

18:00過ぎ、通夜用の宅配すしの手配。

19:00夕食
20:30過ぎ、夕食後、自分の喪服および泊まり込みの用意のため、自宅に戻る。
喪服チェックしていたつもりなのに、虫食いの穴発見!使えないことが判明。
※自分の仮眠用の布団がないと思い、しっかりシュラフとフリースの毛布を持ち込みました(これが役に立つとは)

22:00頃、実家に戻る。
入れ替わりで、弟が宿泊先のホテルに戻る。

23:30過ぎ、寝具を居間に用意し、母親の親戚一同に、交代で仮眠するようにといって、自分も実家の小部屋に仮眠のため入る。
※昔は、ろうそくや線香が切れないように、交代で付き添っていたのですが、今はろうそくも線香も12時間以上もつものがあります。

3月22日(水)通夜
0:30過ぎ、シュラフでうとうとしていると、騒ぎ声が。
目を覚ますと、どうもおふくろの親戚同士で言い争いをしているみたいで、それぞれが自分のところに「**がこう言ったけど、***」なんてどうでもいいことを言いに来る。あまりにもしょうもない争いなので、自分は外の車の中にシュラフ共々避難→朝までそこで寝る。

4:00過ぎ、家の中を見に行くと、しっかりみんな寝てました→ろうそくと線香のチェックをしてまた車に戻る。

7:00起床
前日セットしておいた炊飯器のごはんで、親戚一同簡単な朝食。

9:30過ぎ、虫食いにやられたため、喪服購入のため近くの洋服の量販店へ。

10:30過ぎ、葬式使用のため特急で裾直しをしてもらって、実家へ戻ろうとしたら、実家にいる叔母さんから「おじさんが交通事故にあった」と電話が。

ただ、話が混乱していてわからないので、実家に来ているはずの弟に連絡。
救急車に同乗しているらしく、詳細は病院についてからとのこと。

11:00過ぎ、実家に戻って、親戚一同に対して、憶測ばかりしていないで、弟からの正確な情報を待て、と言って、少々早いが昼食をとっておくようにと指示。

11:30頃、弟から連絡あり。近所を散歩中、道端にうずくまっているところを、通りがかりの人が発見→その時は意識がまだあったので実家の電話番号を伝えられたとのこと。連絡を受けて、弟が直行。同時に到着した救急車に同乗し、病院へ。原因はくも膜下出血で、そのままICUに入院、ここに2,3日が山とのこと。

そこで、本当は斎場への遺体の移送を3時に予定していたが、斎場をベースに行動したほうがいいのではと考え、急遽13時に変更できないかと事情を話して葬儀屋に交渉、OKだったので、親戚一同には13時に斎場へ移動を伝え、移動用のタクシー手配。

12:45頃、移動のための葬儀屋到着。

13:00、自分も手伝って、搬送車に遺体を移し、おふくろと叔母さんが付き添いで斎場へ移動。
残りの親戚も、タクシーがすぐ来たので移動してもらう。

13:30頃、自分は実家の後片付けと残った荷物とともに車で斎場に移動。

14:00過ぎ。おふくろを含め、親戚連中には、タクシーで叔父さんの見舞いに行ってもらう。
自分は遅い昼食。

15:00頃、会場の設営者からのいろいろな確認を求められたのの対応をしているうちに弟が斎場に到着。

弟は、入院した病院のコーディネーターと叔父さんの奥さん、子供たちと今後の対応についていろいろ交渉&取りまとめをやったみたいで、かなり感謝されてました。
※その際出たいろいろな話は、現実にこんな世界があるの?というようなとてもかけないような話ばかりでした、治療費ねん出するために***とか.......

16:00、湯灌の儀式。

18:00頃より通夜出席者が集まり始め、弟とともに受付。

19:00、通夜開始。

20:00、通夜終了。

22:00過ぎ、おふくろの姉妹が斎場に残り、弟は宿泊先へ、自分は実家の番で実家に戻る。夕食。

0:30頃、シュラフで就寝。

3月24日(木)

6:30頃、起床。簡単な朝食。実家の掃除。

9:30頃、斎場へ。
到着後、精進落しの食事の最終数確認。

11:30頃から交代で昼食。葬儀出席者が集まり始め、弟とともに受付。

13:00、葬儀開始

14:00、葬儀終了。霊柩車(ボルボ!)で八事の火葬場へ。

14:30、八事火葬場に到着。

16:30、お骨とともに八事火葬場出発。行きと違う道で斎場へ。

17:00、初七日

17:30、精進落しおよび挨拶

19:00、供花やお供えの果物の分配および親戚の見送り。

20:30、実家に祭壇その他準備のため戻る。ほどなく葬儀屋の社員が遺影、祭壇とともに来宅。一緒に祭壇を作成。

22:00、弟は実家に宿泊、自分は自宅に戻る。久々に自宅で晩酌&布団で寝れました。

3月25日(金)
7:30、起床
奥様は通常勤務のため、見送った後、上の子の通っている託児所の人に、葬式の引き物の果物を持っていく。

昼までは自宅の掃除洗濯その他家事を行う。

13:00過ぎ、昼食後、おじさんの見舞い。
その後弟とお袋とともに実家へ。弟と出席者リストおよび香典の整理を実施。
親父の証書類の確認もできる範囲で行う。

18:00過ぎ、お袋と弟夫婦を熱田の蓬莱軒へ送る(弟の奥さんは&子供が土曜日帰るため、一緒に夕食とのこと)

3月26日(土)
午前、ケモちゃんの卒園式。
午後、むしゃくしゃするのでたまたま自宅から実家へ行く途中で発見した中古カメラ屋に立ち寄り、M42レンズを購入。
到着後、葬儀屋と葬儀代清算その他の打ち合わせ、実家の水回りの修理の立会。
弟に車で最寄りの地下鉄駅まで送らせ、自宅へ帰宅。

b0098910_2125116.jpg3月27日(日)
夜中から悪寒→それまで気力で押さえつけていた、のどの風邪が悪化。終日ダウン(- -)
夕方、薬が効いて気分がよくなったので会葬のお礼方々、奥様の実家に移動。
いつもの河原に行くと、桜が開花していました。

今度実家に行くとき桜の花を持って行ってあげようと思いました。
[PR]
by chobiwan | 2011-03-28 18:33 | メモ |
<< 3/26 ケモちゃんの卒園式 ページトップ ちょっと遅めのおこしもの >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
金魚2 Skin by Sun&Moon