CHIKICHIKI TOURAN
chobiwan.exblog.jp
写真と子供と音楽、たまにTouranも。ともかく興味の赴くまま。
by chobiwan
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
ブログトップ
<   2007年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧
|
|
2007年 08月 31日 |
まだ遊び足りん! (ノ`Д´)ノ彡┻━┻

今日になってこれ↑くらいの気力が多少出てきたのですが、猛暑+冷房疲れ+帰るの遅い=夏ばてのひどいの、になりました。

特に今週水曜日ぐらいまでは、たるくて眠くてほとんど無気力状態で、奥様曰く、テレビのニュースを見ているとき、ことごとくぶつぶつと突っかかっていたそうです(?)

西のこのお方も夏ばてのひどいのになられたようで......

思い返せば、今年の夏は遊んだのはいいですが、運動をほとんどしなかった報いかもしれません。

お風呂の鏡で見れば、お腹が......腕が......胸が......ももが......筋肉オチとる_| ̄|○ 

週末あたりは、久々に運動かなあ、と思いつつ子供の相手が待ってますかOrz

こんなことを感じるのも秋近しなんですかね。

週末は秋刀魚を七輪で焼いて食べる計画です。もちろん運動も。

遊び道具も入院中なので、レンズネタほじくろうという気になれません(T T)

19:43 追記
この記事で不届きなことを言ったのでハリセンでどづいた同僚、本日EOS-40Dご購入だそうです。
20DとKissX下取り、ポイント使用で追い金8000円だったそうです。
君、機械じゃないよ、愛情だよ( ̄ー ̄)ニヤリ
[PR]
by chobiwan | 2007-08-31 12:45 |
2007年 08月 28日 |
"l'essentiel est invisible pour les yeux " Le Petit Prince
b0098910_21493680.jpg

また今年もここへ行ってきました。

先週の海キャンプ(らしきもの)の暑さに閉口したchobiwan一家ですが、今年ほど、ここに早く行きたいと思った年はありません!

だって、涼しいもん!

結局夏場に毎年行っています。理由は
・木陰で快適
・川遊び&泳ぎができる(但し冷たいがにおいません)
・トイレも含め、すごく清潔。
・家から1時間半ぐらいで近い。
管理されすぎていると思う人もいるかもしれませんが、我々のようなキャンプもどきの一家にとっては快適そのものです。

今回はログキャビンにしました(今までがキッズハウスばかりなので)
川沿いの、夜少々湿っぽいかもしれませんが、川を見ながらの最高のロケーションです。
※但し、夏場は山側の方が涼しいとの話です。

今回は、事前の天気予報では雨が心配でしたが、何のことはない、思いっきり快晴でした。

8/19
10:00 自宅を出発。今日も名古屋は暑いです。
途中、香嵐渓の「百年草」でパンを購入、「稲武とうふ」でゴマ豆腐を購入(すでによせ豆腐は売り切れ)
11:45 稲武道の駅に到着。
このすぐ北に「さぬき亭」といううどん・そばやがあります。

本日のお昼はここで取る予定でしたが、行列でした。

40分位待って、やっと店の中へ。

なぜかうちの皆さん冷たぬきうどん(車中で狸の看板みて、そう決まってしまった)を食べました。

すごくおいしかったですが、つゆがさぬきじゃなかったです。
海老天ざるなんか、すごくボリュームがありそうです。てんぷらだけおみやげにしている人もいました。
帰りレジで、お子様におもちゃがもらえました。
今度は天ざる試すぞ!

ここから10分ぐらいでキャンプ場です。

本当は14時チェックインなんですが、事前に聞いてみたら、掃除が終わっていたら13時ぐらいでもいいですよ、とのこと。
早速荷物をログキャビンに運び込んで、川遊びです。

1時間ぐらい遊んでから、子供たちはキャビン内でお昼寝。
パパはデッキの上のコッドでお昼寝です。この時間帯木陰で涼しいです。川の流れる音を聞きながらうとうとと......最近の暑さを忘れてしまいました。

3時のおやつを食べてから、再び川遊び。

4時位に上がって、子供たちはシャボン玉やお絵かき、そして夕食の準備の手伝い。
パパは、ラジオで高校野球を聞きながら読書&バーベキューコンロの準備。
b0098910_21502068.jpg

ところが、ラジオにガリッという音が。それもだんだん激しくなってきます。
雲もかかってきた、と思いきや、突然の夕立です。

急いでデッキに避難です。

夕立がやんで、さてバーベキュー用の炭起こしです。

今までは七輪でやっていたのですが、
・家族4人食べるようになったので、面積が足りない。
・火力の調整が難しいので、滴れた肉の脂で発火すると、しばらくFire!で煙くさくなってしまう。
なので、
・七輪の倍ぐらいの面積(焼く部分と焼いたのを載せておく部分)
・焼く位置を上下に調整できる
・卓上にもできる
のを探しています。

今回は奥様のお父さんに借りた、少々大きめのものを使いました。
面積も十分ですし、焼く位置を上下に調整できます。

炭起こしも今回は、

・一番下に着火用のチャコール(冬だと炭の上にチャコールだそうです。「夏下冬上」というそうです)
・その上に縦に立てるように炭
・その頂上に空き缶(煙突代わり)

煙突効果で炭の着火を早めるとのこと、早速試しましたところ、Goodです(^ ^)
あんまりよくないですが、片面着火したら裏返してもう片面着火させて、置き火になったところで炭起こし完了。バーベキューの開始です。

牛肉は先週志摩で買った伊勢牛カルビ
鶏肉は焼き鳥用のもの
その他野菜いろいろ。

焼き具合もいいし、今までのなかで一番おいしかったです。
焼く位置を上下に調整できるのは大きいです。
ただ、奥さんが焼き係みたいになってしまって、ちょっと申し訳なかったです。

夕食後、ゴミなどを片づけして(娘たちは食器を洗うのを手伝うといって、炊事場についていった。最近お手伝い好きです)、帰ってきてから花火大会です。
二人とも、花火平気になりました。

木々を照らすライトがきれいです。

それから、お風呂。
そのとき、管理人の人に、カブトムシいる?と聞いて来たそうですが、昨日土曜日のみんなの花火で逃げていってしまって、何日かたたないと戻ってこない、といわれたそうです。
ですが、近くに樹液の出ているクヌギ?の木があったので、持ってきたカブトムシゼリーを仕掛け、5時に起きるといってました。

さて、娘たちはお休み。パパはコッドの上で晩酌&読書です。
デッキが川側なので、ランタンも炊いて置けます。
夜も冷えてきたので11時ごろ、パパも就寝です。
夜は、思ったより冷えます。

8/20

さて、朝、奥様の携帯のベルで目覚めます。
本当に5時にセットしておった......。

で奥様が見に行きましたが、やっぱりコガネムシさえいなかったそうです。

起きたついでにトイレに行ったのですが、この時間に散歩していた人が2人ほどいました。
早寝して、早起きした方がよかったかな、とも思いました。
そのあと、うつらうつらと7時半ごろ起床しました。

朝は昨日百年草で買ったパンとジュース、コーヒー

朝食後昨日のバーベキューコンロの片付けと同時に撤収準備です。

9時半ごろからまたもや川遊びです。
さすがに朝は冷たいですが、気持ちいいです。
b0098910_21511252.jpg


で、10:30頃、ぼちぼち戻って、散歩がてらチェックアウトして、その前に記念撮影と思いきや......リモコンがない!
上の娘が触って遊んでいたのですが、聞いてもどこにやったか全く記憶なし。
ブルーな気持ちでキャンプ場を後にしました。_| ̄|○ 
※PLフィルタ代が消えていく......

で、おうちには12:30頃ついたのですが、お昼寝後、娘の電子ピアノを見に行ったら、お店が休み_| ̄|○ 
最後がついてなかったです。

ところで、このキャンプ場、冬場はログキャビンや人気のキッズハウス、トレーラーハウスも含め、半額になります。
さすがに冬にログキャビンやキッズハウスは、冬季キャンプに慣れてない人にとっては厳しいですが、トレーラーハウスならば......ということで、一昨年の冬、それを利用してトレーラーハウスを12月に予約したのですが、娘の発熱で泣く泣くキャンセル(T T)。
今年は、再チャレンジということで、12月の23日から1泊で早々とトレーラーハウスに予約を入れました。
ほんの少し早いけど子供たちのためにクリスマスをするつもりです。
大人は焚き火&ダッジオーブン料理(+ワイン)じゃ!
反射望遠鏡も見せてくれるかな?
まだ一棟空いているみたいだけど、ここは凍結の用心のためスタッドレスは必須だし、夜も山の中なのでかなり冷えるし、エリアは坂が多いので、車高低い方は、ずりっとやる可能性があるし、それでもという酔狂な人は......いないか。

※静物の気に入ったのはすでにUPしてあるし、気に入ったを目線入りで載せると、写真が台無しになるので、今のところはNo pictureにしました。こんなのを載せれるところがあるといいのですけど。

07.08.29 VW-Familyさんに様子を見てもらうために、何枚かUPしました。
[PR]
by chobiwan | 2007-08-28 11:39 | camp |
2007年 08月 27日 |
夜も比較的涼しくなったのはいいが、なぜか夏の疲れが出てきたみたいで、うちの奥様はひたすら「眠い」、私は「食欲がない」のである。

b0098910_2141349.jpgこういったときは、俗に言うグルメ本を取り出し、読んで食欲を少しでも戻そうとするのだが、本日は壇一雄の「壇流クッキング」。

まあ豪快な、という感じだが、作ったことがある料理だと、実はちゃんと作れる人の表現なんだとしきりに感心する。

秋になったらいくつか作ってみたいのがあるし、それより最近走りが出はじめた秋刀魚。

炭をおこして大根おろし&しょう油で焼きたてのを食べる......おなかがすいてきた。我ながら単純(^ ^)

食欲の秋。されどおなかはへっこまない(- -)
今日も娘につままれた......

檀流クッキング完全再現というすばらしいサイトがあります。お酒のつまみにいいです。
[PR]
by chobiwan | 2007-08-27 21:43 | 食べる |
2007年 08月 27日 |
あなたのIPアドレスを、女性が読み上げてくれます。

1.パソコンのスピーカーがONになっているかどうか確認してください。OFFになっているときはONにしてください。音量は普通ぐらいで。

2.ここをクリックしてください。
[PR]
2007年 08月 26日 |
名古屋市内にぶどう狩りができるところがあります。
そこ、東谷山にぶどう狩りに行ってきました。
時期は今月末から来月中旬位までですが、期間が結構短いので行こうと思ってもすでに終わっていた、とか。
今年は、しっかり奥様がチェックして、行ってまいりました。
b0098910_21295530.jpg

今日も暑かったです。
大人でも1ふさで腹いっぱいだそうです。
b0098910_21315127.jpg

半分ぐらい食べて、もうええわ、の上の娘。
b0098910_21383648.jpg

下の娘は、ひたすら食べつづけてました(^ ^)
b0098910_21324137.jpg

クーラーに氷持参(冷やすため)、お弁当持参、がコツだそうです。
パパはこういうところではあまり食べれない人なので.....あまり食べてません。
b0098910_21334647.jpg

[PR]
by chobiwan | 2007-08-26 21:36 | 子供 |
2007年 08月 25日 |
夕方、上の娘の保育園の夏祭りに行ってきました。
b0098910_2384181.jpg

いつもだと、園庭でやっていたのですが、今年は、区の小劇場でやりました。
b0098910_2394481.jpg

今回は、次のレンズを持参しました。
1)NikonのAF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F/3.5-4.5G (IF)
2)NikonのAi Nikkor 180mm F2.8 ED
3)TAMRONのAF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO

距離は上の写真ぐらい(15m位?)なので、1)のテレ端でも何とか届くみたいです。こんな感じ。
b0098910_23102630.jpg

ただ、舞台は奥まで7.8m位ありそうなので、ここでシャッタースピード稼ぐために2)の登場です。
※うちの娘しか撮らないことにした。

第一部は、最年長組の挨拶のあと、年少~年長組の盆踊りです。
これWBオート。見た感じこんな暖色系の明かりでした。
b0098910_23104682.jpg

これWB電球。
b0098910_23114861.jpg

F2.8の威力ですがISO800の1/125秒以上で撮影しました。これ以下だと子供の動きがとまんないもんで。手持ちで暗いところの無補正の画像を撮るならばこんな感じでしょうか。D40はISO800が実用的に使えるので重宝します。
またはこういった撮影ではISO200-400のシャッター速度優先をよく使います。だってデジカメは画像の暗いのはたいてい後で補正できますから(^^)
b0098910_2312788.jpg

第二部は演奏会です。結構コミカルで面白かったです。下の娘も乗り乗りで拍手していました。
b0098910_23111742.jpg

例年のような模擬店や盆踊りもいいですが、こういったのも夏にはいいですね。

b0098910_23164188.jpg

[Nikon D40+Ai Nikkor 180mm F2.8 ED 開放 1/125秒 ISO800 WB:AUTO]
※すべてNoFlushでございます。あれ?子供の行事報告のつもりが撮影報告みたいになってる......
[PR]
by chobiwan | 2007-08-25 23:09 | 子供 |
2007年 08月 24日 |
8月もあと一週間。昼の暑さは変わらないけど、夜はひそかに秋の気配。

b0098910_2205388.jpg

[NIKON D40+AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F/3.5-4.5G (IF) 18(27)mm F5.6 2秒 シャッター速度優先 ISO200 中央重点測光 WB晴天 SILKYPIX(R) Developer Studioにてレタッチ]
設楽オートキャンプ場にて
[PR]
by chobiwan | 2007-08-24 22:03 | 写真 |
2007年 08月 24日 |
※07.08.27 修正入れました。
※07.08.28 追加しました。

最終回です。

一眼レフカメラはレンズが交換できるのが一大特徴です。

人間の目が、眼が見える範囲に対して、当たり前ですが、レンズはレンズの見える範囲です。これを画角といいます。

この画角は、レンズからCCDなどの受光部までの距離である、「焦点距離」によって、ある程度判断することができます。

焦点距離
小さい<------------------------------------->大きい
広い範囲(広角)              狭い範囲
近く                    遠くまで(望遠)

さてレンズには、以下の種類があります。

1)単焦点レンズ
焦点距離が固定のもの。軽量、明るいものが多い。

広角レンズ
文字通り広い範囲をとらえるレンズ。焦点距離35mm以下。魚眼レンズのように180度の範囲を写せるものもある。
標準レンズ
フィルム時代の名残だが、焦点距離50mm前後の単焦点レンズは、人間の目で見たのに近い範囲を写すことから名づけられたもの。
望遠レンズ
焦点距離80mm以上のもの。名前の通り望遠鏡と同じです。ただし、超望遠レンズは、重量もそれなりに重くなる。
・マクロレンズ
花や虫などを撮影するとき、被写体をフィルムに写るのと同じ大きさ(等倍)で撮影できるレンズ。

2)ズームレンズ
焦点距離が可変なもの。通常撮影時に最適(使いやすい)。単焦点に比べて重く、明るさは暗くなる。

それぞれのこれらのレンズを使いこなすことによって、いろいろな表現をするわけです。
※どのように表現されるかは、いろいろな雑誌のインプレを見てください。

はじめての方は、ズームレンズの広角~中望遠(18-70mm)や広角~望遠(18-200mm)をカバーするものが使いやすいと思います。

さて、レンズには取り付け部分の規格があります。これをマウント規格といいます。
有名なものだと、NikonのFマウント、CanonのEFマウント、PentaxのKマウント、などがあります。

基本的にそのカメラのマウント以外のレンズはつけられません。
※但し、マウントアダプタというのをつけると取り付けられる場合があります。

なので、同じマウントのレンズを、表現を求めていろいろ集める人も当然発生します。
こうして収集されたレンズは「レンズ資産」とよばれ、そのカメラメーカへの忠誠心を増幅することになります。
ちなみに、このような状態を「レンズ沼」とよびます。

ところで、通常のデジカメでは焦点距離が、レンズの表示より長くなります。

その原因は、焦点距離の表記は、35mmフィルムカメラを基準としている(これをフルサイズという。24mm×36mm)ためで、実際のデジタル一眼の多くには、それより面積が小さいAPS-Cサイズ(16.7mm×23.4mm)の受光部センサーがよく使われています。

そのため、焦点距離は、35mm基準で1.5-1.6倍になります。

つまり、18-200mmのズームレンズならば、27-300mm相当の焦点距離のレンズとなってしまうのです。

この辺がややこしいところの一つですが、覚えて置いてください。

※Olympusのフォーサーズ規格は、受光部がフルサイズのサイズの半分です。そのため、35mm換算で2倍の焦点距離となってしまいます。200mm望遠レンズが400mm相当になります。


ところで、通常のデジカメでは、レンズの表示の焦点距離での撮影範囲(画角)より大きい焦点距離ので撮影範囲と同じになってしまいます。

その原因は、焦点距離の表記は、35mmフィルムカメラを基準としている(これをフルサイズという。24mm×36mm)ためで、実際のデジタル一眼の多くには、それより面積が小さいAPS-Cサイズ(16.7mm×23.4mm)の受光部センサーがよく使われています。

そのため、35mm基準での写る範囲より狭い範囲の写る範囲、つまり焦点距離に1.5-1.6倍にしたのと同じ焦点距離のレンズの写る範囲になってしまうからです。

つまり、18-200mmのズームレンズならば、27-300mm相当の焦点距離のレンズと写る範囲が同じとなってしまうのです。
言い方を替えれば、見た目はこの場合だと27-300mm相当のレンズと同じなんです。

焦点距離が変化するわけでない(だから最低撮影距離も変りません)ので、この辺がややこしいところの一つですが、覚えて置いてください。

※Olympusのフォーサーズ規格は、受光部がフルサイズのサイズの半分です。そのため、200mm望遠レンズが400mm相当の写る範囲になります。

※もっとも単純にAPS-Cならば18-200mmのズームレンズ→27-300mm相当の焦点距離になると考えてもいいかもしれません。


さあ、後は、もっと知識を深めるのもよし、ひたすらとりまくるのもよし、です。

※Internet上のリソースを金魚のマリ様がリンク集にしていらっしゃいます。

豚もおだてや木に登るデーモンchobiwan睨下でしたm(_ _)m
そういや、こないだのキャンプの写真整理途中だった。文章はこれまで。
[PR]
2007年 08月 24日 |
信者の皆様、デーモンchobiwan睨下です(布教者なので「閣下」じゃなくて「睨下」が正しいです)。

昨日のが評判がよかった?ので、豚も木に登って、残りの2つ書いちゃおうかなあ、と。夜なべしこしこっと。

でも、解説、結構わかりやすいのがないんですよね。理論じゃなくて撮るのが目的なんですから。

例えば、必ず絞りのところで写真つきで取り上げられる、昨日さらりとしか触れなかった「被写界深度」。

こんなの、一部しかピントが合わない=残りはぼけている、のか、又は全体的にピントが合っているのか、を両端にした状態をさしています。

このコントロールに絞りを使うと覚えておけば、後は、撮るときにどういうイメージで撮るか?ということに集中すべきなんです。

そのピント範囲の広がりは、理論じゃなくて撮影時は感覚の世界でしょ?

この部分が理論を知っていても、いざ実現しようとすると試行錯誤、ひどいときにはスランプにまで陥るところなんですよ。

信者の皆様は、自分が見る限り、すごく品よくドレスアップされているので、そのとき絶対「どう見えるか?」と考えていると思います。

近くで見えているとき、遠くから見えているとき、走っているときに見える、又は上から、下から、斜めから、前から、後ろから......

これが、私が思う独断的構図の第一歩です。

また、そこに写真特有な要素=光を入れるならば

朝、昼、夕方、夜、晴天、曇天、順光、逆光、人工の明かり......

どうですか?イメージがわいてきますか?

イメージどおりの眼で見た光景を撮ってみる。

ところがカメラは機械ですので、眼で見たまま撮れない場合があります。

それが我慢できなかったとき、初めて理論やテクニックを覚えればいいと思います。

※私が車の写真下手なのは、車のドレスアップに余り興味がないせいだと「独断的」に思ってます(- -)。それと、面白いところなんですが、カメラは機械だから、人間の眼では見えないような世界をも作ることができます。こうなると絵を書くような感じにちかくなりますが。

さて、前置きが長くなりましたが、私が写真を撮るために、知識として必要だと思うことは、これも独断的なんですが、3つしかないんです。

「露出」、「ホワイトバランス(WB)」、ここまでがデジカメ共通で、あと一眼用に「レンズ」

露出は昨日話しましたので、今日はまず、「ホワイトバランス」

フィルムカメラの時代、フィルムは、基本的に「デイライト」というのが普通でした。
ごくたまに「タングステン」。

名称の通り、日中の太陽光用、タングステン光用に使うフィルムです。

じゃあそれだけしかないのならば、蛍光灯の室内や、夕方の夕日などはどうやって撮ったの?という疑問が出ると思いますが、「デイライト」用で撮ってました。

色の調整に、色のフィルタを使っている人もいましたが、フィルムって熟成されて、すごく優秀だったのですよ。デイライト用でほぼ人間の目で見た感じの色が出ましたから。
※でも、場合によってフィルムメーカは変えてました。新緑の季節や鮮やかな花ならばフジ、紅葉や風景はコダック、ポートレートならばコニカの「ママ撮って!」。ネガばかりでしたが。リバーサルは現像が高いのでほとんど撮りませんでした。

光は色を持ってます。

人間の目は優秀なので、最初は色を感じますが、それを白い光のような感じに補正していきます。

※この白色光の色の加減を数値で表したものが「色温度」といわれるものです。例えば昼光色だったら6500K。

ところがデジカメのCCDなど感光部は、デジタルですからその色のままの情報をとらえます。そのまま出力すると、その色のままで出てきてしまいます。

この、そのままの色の光を、人間の目で白いものを見たような感じの、適切な色に補正する機能をホワイトバランス(WB)といいます。

WBには、以下の3つがあります。

オートホワイトバランス
カメラ側が自動的に適正な色状態を設定する

プリセットホワイトバランス
オートよりもう少し細かく、晴天時や曇天時、蛍光灯、ストロボ光などあらかじめ設定された光源別に色状態を設定する。

マニュアルホワイトバランス
マニュアルで白色状態をセットする。商品写真など絶対的な白色が必要なときに使う。

さて、マニュアルを除いて、通常どのWBを使えばいいと思いますか?
何も考えないならばオート、あとはシーン別にプリセットで切り替えれば?と考える人が多いと思います。

これ、前半はある意味正しいですが、後半が違います。

基本は、プリセットホワイトバランスの「晴天時」を使う
複雑な光源のときのみ「オート」を使う


プリセットは、よくできていますが、晴天以外のモードは、色かぶり(全体的に赤や青の色味がついてしまうこと)の原因になりやすいです(失敗経験多数。但し使い方によっては効果付けになる)。

なぜ晴天がいいのか?

理由はわかりませんが、多分メーカのWBの調整は、基本的にオールマイティであった「デイライト」フィルムを基準としていると想像しています。

オートも最近はいいですが、自分は複雑な色合いのものを撮るときや、夜間撮影時等失敗したくないとき以外は使いません。
[PR]
2007年 08月 23日 |
ある西のお方
>皆さん、デジイチなんで私も負けずに買おうかな。
>CannonのEOS40Dあたり。

会社の同僚は
「いやあ、20Dが7万の下取りだって、思わず40D予約しちゃったよ、はっはっはっ」

写真は機械じゃない、愛情じゃい!
(ノ`Д´)ノ彡┻━┻
お金がない!今月遊びすぎたよー
ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!


※買っていいですから、私にNikkor F1.4 50mm一緒に買ってください。

しかし思った通り40D人気が高いなあ。

私はD40ですがね(`・ω・´メ)フン!!デジタル製品の宿命ですが。おっ、NikonからもD3D300発表されたぞ。
[PR]
by chobiwan | 2007-08-23 19:40 | 写真 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
金魚2 Skin by Sun&Moon